健康できれいな髪の毛を育てるには?髪の毛にいい栄養素を徹底調査!

髪の毛のケアはシャンプーやコンディショナー、ヘアパックなどで外から行うもの、食事での栄養素で内面から補うものがあります。

 

髪の毛を健康できれいに保つために大切な栄養素にはどんなものがあるのでしょうか。

 

 

◆髪の毛に良い栄養素は?

 

髪の毛を育てる、きれいで健康な髪の毛を保つのに良い栄養素は気になりますよね。

 

よく「髪の毛を伸ばしたいならワカメを食べろ」と聞きますが、ワカメは髪の毛に良いんでしょうか?

 

髪の毛に良い栄養素には以下のようなものがあります。

 

 

・たんぱく質
髪の毛を作りだすもととなる

 

・オメガ3脂肪酸
髪の毛幹を作ったり、乾燥を防ぐ油を作る

 

・各種ビタミン類
他の栄養素がうまく働くためのサポートをする

 

・ミネラル
抜け毛対策、髪の老化を防ぐ働きをする

 

 

それでは、具体的にどんな食べものが髪の毛にいいんでしょうか。

 

髪の毛に良い食べものとして、以下のようなものがあります。

 

 

・たまご
たんぱく質が豊富なうえ、ミネラルも多種含んでいるため髪の毛にとっては非常に大切な食材です!

 

・青魚
オメガ3脂肪酸を摂取するならサンマやイワシ、サバなどの青魚がオススメです。

 

・クルミ
オメガ3脂肪酸、ミネラル、ビタミンを含んでいます。
それ以外にもコラーゲンの生成を促進する成分や、髪を黒く美しく保つ成分も含んでいるため、オススメのナッツです。

 

・わかめやひじきなどの海藻
ミネラル分が豊富な海藻類は、やっぱり髪に良い食材のようです。
ですが、原材料というわけではないためイメージとして「髪を伸ばしたいならわかめ」というのは少し違うかもしれません。
健やかな髪を育てるのに大切な栄養素を含んでいるのは違いありませんので、取り入れてみるのをオススメします。

 

 

◆髪の毛に良くない栄養素は?

 

では、髪の毛に良くない栄養素はあるのでしょうか。

 

髪の毛に限らず偏った食生活はさまざまな美容や健康のトラブルを引き起こすため、避けるべきといえます。

 

なかでも、特に摂取のしすぎを避けたいのは脂肪分です。

 

脂肪分のとりすぎは皮脂の分泌過剰を招き、頭皮の毛穴を詰まらせてしまいます。

 

頭皮の状態が悪くなると、髪の毛も細くコシがないものになったり、脱毛や薄毛の原因にもなります。

 

また、頭皮自体にニキビができたりフケがたくさん出る原因になるなど、悩みを増やしてしまう原因にもなりかねません。

 

頭皮を健康な状態に整えて、髪の毛も健やかにしっかりと育てるため、脂肪分のとりすぎには特に気をつけてくださいね。