刺激の弱いシャンプーを使うメリットは?頭皮にやさしいシャンプー!

シャンプーはやっぱりすっきりと洗い上げたいですが、その反面気になるのは刺激です。

 

シャンプーは毎日行うため、あまり髪や頭皮に刺激がないようにしたいですよね。

 

刺激の少ないシャンプーについて調べてみました。

 

 

◆刺激の少ないシャンプーを使うメリット!

 

刺激の少ないシャンプーを使う最大のメリットは、髪や地肌にダメージを与えずに洗うことができることです。

 

低刺激のシャンプーを選ぶ方は多くの場合、この理由で低刺激シャンプーを選んでいるのではないでしょうか。

 

毎日するシャンプーで刺激の強いものを使っていると、少しずつ髪や地肌をいためてしまうことにもなりかねません。

 

さらに、敏感肌の方は低刺激でないと肌荒れなどを起こしてしまうため使えないという場合もありますよね。

 

 

他にも刺激の少ないシャンプーを使うメリットとして、手や背中などの肌にもやさしいということが挙げられます。

 

髪や頭皮に意識がいきがちですが、シャンプーをするときにシャンプー剤が触れることが多いのが手や背中です。

 

洗うときに手を使いますからどうしても手にはつきますし、お風呂でシャンプーを洗い流すときに背中にも流れていきます。

 

低刺激シャンプーに変えて、髪や地肌のみでなく、手や背中の皮膚のトラブルが改善したという話があるほどです。

 

 

もうひとつ、低刺激シャンプーを使用するメリットに、洗い流しやすくすすぎ残しが少ないということがあります。

 

せっかくシャンプーをしても、すすぎ残しがあると汚れとして髪や頭皮に悪影響を与えてしまいます。

 

すすぎ残しのないように洗うことや、すすぎ残しの心配が少ないシャンプーを使うことは、髪や頭皮をいたわることにつながります。

 

 

◆低刺激シャンプーってどんなもの?

 

具体的に低刺激シャンプーとはどのようなシャンプーのことをいうのでしょうか。

 

代表的な特徴として2つがあげられます。

 

 

1、無添加シャンプー

 

髪や頭皮への刺激となりやすい成分を添加していないものが無添加シャンプーです。

 

刺激となりやすい成分としては、石油系界面活性剤、鉱物油、防腐剤、香料などが挙げられます。

 

無添加シャンプーはたくさんありますが「どの成分が無添加なのか」は製品によって異なる場合が多いです。

 

避けたい成分を添加していない無添加シャンプーを選ぶのが大切です。

 

 

2、洗浄力が弱めのシャンプー

 

洗浄力が強いシャンプーは、同時に刺激も強いことが多いです。

 

一般的にアミノ酸系のシャンプーは洗浄力が弱めで、刺激が少なく赤ちゃんにでも使えるとされています。

 

洗浄力が弱めのシャンプーといってもどれがいいのかと悩んだときは、アミノ酸系のシャンプーを選ぶのが良いでしょう。

 

 

毎日行うシャンプーの刺激を見直して、美しく健やかな髪を育てるヒントにしてくださいね!